新作『ツイン・ピークス The Return』第12章の米国での視聴者数

本国アメリカでは日曜日に放送されている『ツイン・ピークス The Return』ですが、毎週エピソードが放送された後に、どのくらいの人に視聴されたのか視聴者数というものが発表されています。

このサイトでも毎週その視聴者数を紹介しており、今回もつい先日放送された第12章の視聴者数を紹介したいと思います。

第12章の視聴者数は24万人でした。

そして、18-49歳の指標となる重要な年齢層の視聴率は0.1

前回のエピソード(第11章)の視聴者数が22万人で、18-49歳の視聴率は0.1でしたので、前回よりも少しUPしたということです。(とは言っても、そこまで変わりませんね 笑)

相変わらず若い視聴者層には観られていないことがわかりますし、やっぱり24万人しか観られていないというのは少ないと思います。

ただし、もう何回も書いているように、『ツイン・ピークス』の続編はおそらく製作されないでしょうし、製作陣も視聴率を気にしている訳ではないと思いますので、ほかのドラマのように別に視聴率は気にする必要がないのです。

純粋に作品を楽しみに見ればいいのです^ ^

スポンサーリンク